第416回/ベトナム人事情報)【オススメ本=ベトナムx人事】クォン・デ もう一人のラストエンペラー (著) 森達也

【オススメ本=ベトナムx人事】クォン・デ もう一人のラストエンペラー (著) 森達也
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~
アジアゲートベトナム代表の豊田です。

さて、今週も皆様の「ベトナムx人事」の理解促進に役立ちそう本をご紹介していこうと思います。

【今日のオススメ本=ベトナムx人事】

クォン・デ もう一人のラストエンペラー
(著)森達也


クォン・デ もう一人のラストエンペラー

【ポイント】
・20世紀初頭のベトナムの独立運動の様子がわかる
・独立運動の英雄ファンボイチャウと「神輿」のクォン・デが独立の最大の拠り所としたのが「日本の協力」だったという事実を知る
・クォン・デを通して、戦前の日本の「アジア諸国との関わり」を学べる
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

さて、今日の記事です。

まず、紹介文の「”ベトナムの王子”であり、”国王の座に最も近かった”人物が、戦後、杉並でひっそり亡くなっていた」という、 ある種、「ミステリー」な感じに引かれて、手に取りました。

読後感としては、全然、分野は違いますが私の大好きな「 嫌われ松子の一生 」に似てましたね。
少しずつのボタンのかけ違いで、どんどん転落していってしまい、哀しい最期を迎える、というあたりが。

で、そもそも、なんですが、「 クォン・デ 」と言う名前を聞いても、わかる日本人はほとんどいないでしょう。
「いやぁ、、ベトナムのこと、不勉強でして、、、」と言われる方もいるかと思いますが、ご安心ください。
実はベトナム人も若い世代はほとんど知らないのです。

「クォン・デ」はベトナム最後の王朝であるグエン朝の初代ザーロン帝の5代目の直系で、最後の皇帝バオダイの「次の皇帝」と目されて いた、と言われる人物です。

ところが、フランス植民地からの独立を目指し、独立運動の英雄 ファンボイチャウ (日本のイメージで言うと坂本龍馬みたいな感じ)が結成した 「ベトナム維新会」が、自分たちの掲げる「神輿」としてクォン・デを誘い、正義感が強い、当時24歳のクォン・デは、美しいお妃と2人の息子を置いて、日本へ密航します。
結局、そのまま45年間、会えずじまいになってしまうんですが、、、涙

どうして、日本だったのか?

それは、当時、すでに300年以上に渡って、「ヨーロッパが、それ以外の国を侵略する」ことが当たり前になっていた時代に 1905年、極東の小国、日本が、世界有数の軍事力を誇るロシア帝国に勝った、ということが、いかにアジア諸国の人々に衝撃を与えたか、と言うことなしには語れないのです。

ファンボイチャウは、この報を聞いた時、涙を流して喜んだそうです・そもそも、その前から彼は熱狂的な日本ファンとして有名で周囲から「扶桑(日本のこと)狂いのファン」と言われていたそうです。
(「ベトナム維新会」も、日本の明治維新から取った名前だそうです)

ファンボイチャウは「日本に王子と一緒に行って、協力を仰げば、日本はかつては近い立場だったベトナムの独立に協力してくれるはず」と日露戦争後、すぐに 日本へ密航し、2人は 犬養毅 、 大隈重信 、 頭山満 など様々な人々と親交を深め、独立計画を練っていきます。

しかし、残念ながら、その当時の日本は、日露戦争にかろうじて勝ったとは言え、まだ新興国家にしかすぎず、ロシアからの賠償金は一切取れず、借金の山の状態。
そのため、フランスとは日仏協約を締結し、「お金、貸してください」とお願いする立場で、国として、 とてもフランス政府に反抗しようとする二人を助けられる状態にはありませんでした。

クオン・デは最終的にはフランスからの依頼で日本を国外追放されますが、犬養毅たちが手を引いて、なんとかフランス官憲たちの目から逃し、数年後、またクオン・デは日本へ帰ってきて、 日本と共にベトナム独立を果たそうと動きます。

しかし、なぜか、いつも、いいところで、歴史の悪戯が起きて、その願いは果たされず、 結局、24歳でベトナムを出て以来、45年間、一度も家族に会うこともなく、69歳で戦後の日本でひっそりと息を引き取ります。

今回、うちのスタッフにも「クオン・デ、知ってる?」と聞いたら、ほとんど知りませんでした。
ところが、1人だけ歴史を専攻していたスタッフがクオンデを知っていて、その印象を聞いたら
「彼はかわいそうな人ですが、決定的な間違いは日本に頼りすぎたことです」と言っていました。

実はこれは、彼女だけの意見ではなくて、本の中でクオン・デを知っている人々が共通に言うセリフで、
実は、我々は「ベトナム人はみんな、彼を英雄と思っています」と聞かされている ファンボイチャウも、同じ様な文脈で語られることも多い様です。

我々、日本人としては、それが致し方なかったとは言え、かつて、ベトナム人の大きな期待を受けながら、
それに応えることができず、「日本を信用しすぎたのは間違いだった」と少なくないベトナム人に今だに思われおり、 そう思われても仕方ない様な事実はあったのだな、と言うことくらいはこの本を読んで知っておくべきなのかなと思いました。


以上 豊田英司
============================== ===============
「アジアゲートベトナム 」はベトナムでの経営、人事に関わる
「ご相談パートナー」として各種サービスをご提供しております。


<<主なサービス内容>> 
(1) ベトナムにおける人事、労務、法務のご相談、調査、 セカンドオピニオン提供
(2) 就業規則、賃金テーブル、雇用契約書などの作成サポート
(3) 人事評価制度作成サポート
(4) ビザ・就労許可証(WP)、一時滞在許可証(TRC)の取得代行
(5) 会社設立ライセンスの新規・追加手続き代行
(6) 市場調査、ローカル企業の与信調査
(7) その他、ベトナムでの事業運営に関わる各種相談対応
<<初回 のご相談は無料です。まずはお気軽にお声がけください> 
============================== ============================== =
ASIA GATE VIETNAM CO., LTD

Managing Director /代表
豊田英司(Toyoda Eiji)
Mobile : 094 653 2425
Tel: (84-24) 37914810
Email: toyoda@asiagatevn.com

Address :
- Hanoi Main Office:
12 Floor, HAPULICO CENTER BUILDING,
85 Vũ Trọng Phụng, Thanh Xuan Trung, Thanh Xuan, Ha Noi, Viet Nam

- Hai Phong Office:
No.12/116 Vinh Cat str, Vinh Niem ward, Le Chan Dist,
Hai Phong, Vietnam

ウェブサイト: https://asiagate-vn. com/

フェイスブック: https://www.facebook.com/ AsiaGatevietnam/

ブログ: https://asiagatevn.fc2. net/  (平日毎日更新中)

============================== ============================== =

関連記事

プロフィール

(ベトナムx人事)アジアゲートベトナム  Asia Gate Vietnam

「アジアゲートベトナム 」はベトナムでの経営、人事に関わる
「ご相談パートナー」として各種サービスをご提供しております。

<<主なサービス内容>> 
(1) ベトナムにおける人事、労務、法務のご相談、調査、 セカンドオピニオン提供
(2) 就業規則、賃金テーブル、雇用契約書などの作成サポート
(3) 人事評価制度作成サポート
(4) ビザ・就労許可証(WP)、一時滞在許可証(TRC)の取得代行
(5) 会社設立ライセンスの新規・追加手続き代行
(6) 市場調査、ローカル企業の与信調査
(7) その他、ベトナムでの事業運営に関わる各種相談対応

<<初回 のご相談は無料です。まずはお気軽にお声がけください> >